1. 新古車・新しくて古い車?新車同様で新車よりも安い中古車、その魅力とは 新古車探しのポイント、販売サイトの紹介

    新古車とは

    中古車でありながら新車同様
    人気、話題の新古車とは

      

    新古車と言う言葉をご存知でしょうか?新しくて古い車?字だけ見れば訳がわからないですよね。でもこれがすごいんです! 
    その正体は新車同様の中古車の事です。様々な理由から新車が中古として市場で売られている車の事を言います。新古車は既に再購入されたものを指すが、ナンバー登録だけ為され全く使用していない車輌のことを一般的に言います。したがって市場での分類上は中古に属しますが実際の車は新品です。ですが中古として扱われているため新品の値段よりも安いのが一般的です。新車であるのに新車より安い。欲しい車があるならば新車を買う前に一度探してみては。


    新古車とは


    何故新古車が世に出回るのでしょう?その前に分類分けされている中古車ですが、一般的にどのような車の事を指すかと言うと、メーカーで生産されナンバー登録されたものを指します。 一般ユーザーに購入もしくはレンタルされ、利用された自動車が再び売りに出された、あるいは既に再購入されたものを言います。その中でナンバー登録だけされ全く使用していない車輌の事を新古車と言います。

    現在ではこのような車の事を新古車と一般に呼んでいますが販売店では新車との区別をはっきりとするためそのような表示はなされていません。そのため未使用車、未走行車等の呼びかたをします。新車同様であっても分類上はあくまで中古車なのです。

    新古車が誕生する背景ですが、自動車販売店がメーカーからのノルマである販売数量達成のために、試乗車などの名目で登録したりしたものの中から中古車として売りに出されたものが多数をしめます。つまり試乗車として走行距離が極めて少ないものや展示車として全く使用していないものまで様々な理由があるもののクルマの機能的には全く問題ないと言えます。

    さらに金銭面のメリットとして、新古車には新車登録時に必要な所得税など属に言う諸経費がすでに納められている点があります。
    これにより通常新車購入時に発生する税金諸経費がかなり抑えられる事になります。やはり価格が安いのが新古車の大きなメリットと言えます。

     

    新古車 購入時の注意点


    1.展示者等であった場合はキズの有無をよく確認
    2.車検や保証書の有無を確認
    3.値段は適正か冷静に新車と比較する
    4.どのようなオプションがついているか
    5.アフターサービスはしっかりしているか
    6.安易に飛びつかず複数の販売店で比較検討してみる

    主な中古車・新古車 販売店

    ガリバー/カーセンサー/Goo-Net/CarTown.jp/carview/クラブチャオドットコム/サンキョー/ケーユー/ヤフー自動車/Gazoo.com/カーフィー/

    新古車の選びかた

     


    一般的に出回るものではないためその数は限られています。更にその中から自分の気に入った欲しい車がある確率と言うのは低くなってきます。もちろん中古車同様現品販売のためオプションやグレードを選ぶ事はできません。しかし通常の販売価格より安く手に入れる事ができるため浮いたお金で自分なりのオプション等を付ける事も可能でしょう。

    しかし人気車種であればディーラーから卸される台数も多くなるため新古車となる台数も必然的に多くなり選びやすくなります。新古車は色やグレード、車種の選択を拡げる事ができれば容易に見つけられることができるかもしれません。このようにある程度妥協をすれば新車同様の車が安く手に入れられるのです。浮いたお金で買った後に自分で手を加える事も可能です。根気よく販売店に通うなり雑誌、インターネット等の媒体を使い情報を得て新古車を手に入れるのはこれ以上お得な車の買い方はないでしょう。

    また最近ではインターネットのオークションサイトでも新古車や未使用者の表示を見かけます。人気があるものだけに入札も多いですが今期よく見て落札できればお得な車選びができるでしょう。



    Copyright (C) 2008 新古車とは  All Rights Reserved.  プライバシーポリシー
    <PR>F1情報  車情報 愛車日記 シボレー自転車 格安自動車保険 高速バスチケット 新幹線チケット 超割 早割 格安航空券

     
inserted by FC2 system